イチローズモルト 数量は多 グレーン 沸騰ブラドン ホワイトラベル 700mlIchiro’s Malt White ブレンデッドウイスキー Grain Label

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル 700mlIchiro’s Malt&Grain White Label ブレンデッドウイスキー

イチローズモルト 数量は多 グレーン ホワイトラベル 700mlIchiro’s Malt White ブレンデッドウイスキー Grain Label 2695円 イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル 700mlIchiro’s Malt&Grain White Label ブレンデッドウイスキー 食品 ドリンク、水、お酒 洋酒 イチローズモルト 数量は多 グレーン ホワイトラベル 700mlIchiro’s Malt White ブレンデッドウイスキー Grain Label 2695円,Label ブレンデッドウイスキー,イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル 700mlIchiro’s,食品 , ドリンク、水、お酒 , 洋酒,/burnie620498.html,Malt&Grain White,capbad6.com.ar 2695円 イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル 700mlIchiro’s Malt&Grain White Label ブレンデッドウイスキー 食品 ドリンク、水、お酒 洋酒 2695円,Label ブレンデッドウイスキー,イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル 700mlIchiro’s,食品 , ドリンク、水、お酒 , 洋酒,/burnie620498.html,Malt&Grain White,capbad6.com.ar

2695円

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル 700mlIchiro’s Malt&Grain White Label ブレンデッドウイスキー

現在ベンチャーウイスキー各製品は品薄のため
入荷までお時間をいただいく場合がございます。

日本/ウイスキー/ブレンデッドウイスキー/700ml
原材料:モルト・グレーン
アルコール分:46%
容量:700ml

2008年に蒸溜を開始した秩父蒸溜所では、 モルトウイスキー原酒をダンネージスタイルの伝統的な貯蔵庫でウイスキーの熟成を行っています。
ひと樽ひと樽個性的な熟成をする原酒の中には、シングルカスクに向いたものやブレンドに使用することで力を発揮するものなど、さまざまなタイプの原酒が育っていきます。

このウィスキーは、秩父蒸留所のウイスキー原酒をキーモルトにし、個性的なモルト原酒と穏やかな性格を持つグレーンウイスキー原酒を使用したブレンデッドウイスキーです。
ブレンドすることによりお互いの長所を引き出しつつ調和のとれた味わいとなります。
芳醇さと軽快さを併せ持つ奥深い味わいのウイスキーです。

自然の状態にこだわりノンチルフィルター(冷却濾過なし)、ノンカラー(無着色)。

【テイスティングコメント】
色は明るく輝きのあるゴールド。 レモンピールやオレンジピールなど爽やかな柑橘系の果物を感じるトップノート。 スイートで軽やかな中に複雑で奥深い原酒のハーモニー、コクのある余韻を感じる。
JAPANESEモルトの底力を実感!!

   

『イチローズ モルト』
このブランド名をご存じだろうか?

感度の高いモルトファンの間では、数年前から熱い注目をあびる高級モルト専門の
ウィスキーブランドだ。
会社名をベンチャーウィスキーと言い、社長である
肥土伊知郎(あくと いちろう)さんの名前がブランド名となっている蒸留所だ。
     
数年前に権威あるウイスキーマガジン誌のジャパニーズウイスキー特集において
大手資本を抑え最高金賞を受賞したことで品質の高さも実証済みである。

【ベンチャーウィスキー前身】

肥土社長の実家は代々の造り酒屋。
前身の東亜酒造は埼玉県最北の羽生市にあり当店から車で20分弱の場所にありました。
日本の地ウィスキーの先駆けで「ゴールデンホース」というブランドで知られて
いたのですが (うちでは扱いはありませんでした)
2000年に民事再生法を適用になりウィスキーの設備、モルト原酒などは廃棄されてしまう運命だったそうです。
その瀬戸際の状態から、福島の酒造メーカーにお願いし引き受けてもらい熟成させてもらいながら、
原酒を自身でブレンドしながら販売を続けてきました。

その後数年を経て念願かない秩父にウィスキーづくりに適した自身の蒸留所をもつことになりました。

2008年の2月。日本どころか世界でも珍しい
高級なシングル・モルト専門の蒸留所の誕生です。

           

ゆったりとした空気の流れる 埼玉県秩父市の山中にあるベンチャーウィスキー社。
ここは日本では非常に珍しい個人経営の高級モルト専門蒸留所。

【秩父の山の中の新名所♪】

埼玉県と山梨県の境 秩父市は水と緑に恵まれた関東平野の秘境のような場所。
この 土地は社長の生まれ育った土地でもあり 旧・東亜醸造の秩父工場もあったので
水の良さ、適度な昼夜の寒暖差など気候も十分すぎるほど熟知していたそうです。
この自然豊かな土地の小高い山の中にベンチャーウィスキーは3000坪もの敷地を
取得しました。

ちょっと大きめの倉庫のような蒸留棟、熟成庫、事務所&レセプション棟が絵葉書のように
配置されています。

【見学!酒が飲めるぞ〜。】


社長の肥土伊知郎さんが穏やかな笑顔で迎えてくださり
ウイスキーづくりの工程説明から試飲まで、2時間以上費やして案内していただきました。

蒸留所に一歩足をふみいれると、ビール醸造と同じような独特な麦汁の発酵の香りが漂い
非日常の空間に入り込んだのを実感します。

ステンレスや木桶のタンク、ポットスチルが整然が所狭しと並んでいて、
それらは休むことなく稼働し続けます。

蒸留のキモとなるポットスチルはスコットランドへ何度も足を運び、
自身のこだわりが具体化できるように細部まで徹底的にこだわってオーダーメイドしてもらったそうです。

イチローズモルトの目指すべき味わいは複雑なコクがありヘヴィなもの。

愛飲家の間では 国産モルトではもっともヘヴィな味わいに分類されています。
貯蔵庫には約300樽のウイスキーが眠っていて
(ちなみにサントリーの貯蔵量は全国4箇所で100万樽だとか)
中にはモルトバーのサインが書かれているものも見かけました。(どうやら樽ごと予約らしい)

事務所を兼ねた受付レセプション ルームでは10銘柄ものアイテムを試飲させていただきました。

この秩父の蒸留所は、まだ稼働をはじめて1年弱。その中でうまれたニューボーンシリーズや
羽生蒸留所でつくられ廃業、強制売却のがけっぷちから残った看板のトランプカードの図柄のシリーズ。
                 
特徴的なバーボン樽やシェリー樽で寝かせたもの。
川崎蒸留所でうまれた1976年や1981年といった非売のものまで、どれも個性的なものばかり。

考え方は小規模な自然派ワインの作り手さんと近いものがあるな〜と感じました。

かつて世界的なウイスキーの権威、ウイスキーマガジン誌の
ジャパニーズウイスキー特集において「イチローズ モルト キング オブ ダイヤモンズ」が
最高得点を獲得し金賞を受賞したのですが、それも充分うなずけます。

それぞれが十分なコクがあってまろやかなので
アルコール度数の高さもまったく気になりませんでした。


【蒸留所見学のすすめ】

ベンチャーウィスキーは、肥土社長をふくめ、4〜5人程のスタッフで運営している小さな蒸留所です。
そのため飛び込みで行っても残念ながら見学はできません。

ニッカの余市蒸留所、サントリー白州、山崎蒸留所、メルシャン軽井沢蒸留所など
大手メーカー蒸留所でしたら、ギャラリーやレストランを併設していますし見学コースも充実しています。
観光のコースにも組み込まれることもありますので、是非機会ありましたら訪ねてみてはいかがでしょう。

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル 700mlIchiro’s Malt&Grain White Label ブレンデッドウイスキー

今やたいへんメジャーになったイチローズ、お店で提供していますが、男性、女性共に人気があります。最近品薄になってきているのが少し気がかりです。
数年前からイチローズモルトホワイトラベルは飲んでいるのですが、なかなか手に入りづらくなってきて、こちらのショップで見つけて、直ぐに注文させて頂きました。注文の翌日に受け取り出来ました。 本当に旨いウィスキーです。時間にゆとりがあるときに、味わって飲みます。
未だ飲んでいません。 楽しみに取っておきます。
レシピ

妙薬 『孫太郎虫(ヘビトンボ)串焼き』を作って服用してみたよ

日本の古くからの民間薬で『孫太郎虫』なるものがある。 その『孫太郎虫』の正体とは、『ヘビトンボ』という水生昆虫の幼虫。 この虫は、川の清流の石の裏なんかでよく見かける、ざざ虫の一種。 そのムカデっぽい見た目から川ム...
レシピ

【昆虫料理】かぶとめし

以前、カブトムシ餃子を作った時に、糞抜きをしたカブトムシは詰め物系料理に向いていると思いました。皮がとても頑丈な上、サイズが大きいので昆虫にしては比較的ボリュームのある食べ応え抜群な料理になります。 この手の発想は、北海道函館...
レシピ

【昆虫料理】カマドウマラーメン

そろそろカマドウマ料理は最終局面に突入です。(ストックが切れそうだから) じっくりカマドウマの出汁をとってみようと思いまっせ。 せっかくだし、ガツーンとカマドウマ出汁の旨みを活かした料理を。 よぅし、カマドウマラーメンを作...
レシピ

【覚醒せよ、カマドウマのUMAMI】カマドウマ・ジャーキーを作る

カマドウマを何度か料理してみたら、意外にもカマドウマは旨味が強かった。 とりわけ中でも特に旨い部位は、筋肉の発達した後脚。 跳躍力の高いバッタ等にも当てはまると思うんですが、おそらくこのマッシヴな後脚がイチバンの旨味の塊...
レシピ

【昆虫料理】カマドウマのエビチリ(?)

カマドウマを味わえば味わうほどに、 見た目も味も、エビのように思えてきたな。これは、一種の洗脳状態? だから、もういっそエビの代替的な使い方をしてみよう。 今回はカマドウマでエビチリを作る。 でも、エビじゃないからな…カマチリって言...
昆虫料理

【昆虫料理】カマドウマの釜めし

初夏にクワガタ採集に行ったつもりが、 クワガタよりも、何故かカマドウマばかりを100匹近くGETしたので、 どうしようかなァ〜と、しばらく冷凍備蓄しながら考えていた。 以前カマドウマは、旨味の塊であることを知ったので、...
お知らせ

TBSラジオ『アシタノカレッジ』でむしくい

「“学び”דエンターテインメント”の新しい体験が始まる夜の学校」というテーマのTBSラジオ『アシタノカレッジ』に、昆虫料理研究家の内山昭一さんと出演してきました。 火曜日は〈アシタノたべる学部〉ということで、昆虫食が取り上げ...
昆虫食関連 書籍

衝撃の昆虫食本

大手企業である無印良品が「コオロギせんべい」を出したことで、日本もいよいよ「ついに来たか、昆虫食⁉」という盛り上がりを感じられるようになってきました。 すると「今でしょ」(古い?)とばかりに、次々いろいろなコンテンツが姿を現します。 ...
お知らせ

ロギッケ@マンガの虫飯『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』より

新刊(『スーパーフード! 昆虫食最強ナビ』)の冒頭を虫食い漫画で飾ってくれた、ぽんとごたんだ先生といえば『桐谷さん ちょっそれ食うんすか⁉』が代表作(多分)。 こちらのヒロイン桐谷さんときたら、虫やらヘビやらクジャクや...
お知らせ

『@DIME』の昆虫食記事一覧(2009年)

ビジネスマン向けのトレンドマガジン『DIME』(小学館)の付録が、虫的にもアツい。 昨年9月ごろ0.1g単位ではかれるデジタル軽量スプーンは「虫料理レシピ作成の神アイテム!」と小躍りしてしまった。最近ではスマホに装着する「90...
タイトルとURLをコピーしました